11ページ目 不動産の売却は簡単にはいかない

相続が始まると財産を整理していくこと
から始まります。
換金性が高いものなどは、
査定に出したり
(自動車・バイク・壺などの骨董品など)
叱るべき方法で処分をしたりできますが、

一番大変なのは不動産だと思います。
不動産は まさにその人そのものであり
思い入れやさまざまな立場からの感情が
所有者の死後も残っているからです。

子供の頃 一緒にご飯を食べた思い出や、
庭で遊んだ事、柱に刻んだ身長を記した印や
故人の生前まで使っていたものなど、
思い出がぎっしり詰まっているものです。

しかしながら相続財産の中で、
現金や ただちに換金可能な物
(預貯金や株式財産、金など)
よりも不動産価値が高いという
ケースは多くあるようです。

そうなるとどういった事が起きるか
と言いますと、

①相続人の中の誰か独り(もしくは1世帯)
 がそこに継続して住む事を決め、
 他の相続人へは住む者が不動産価値を
 確認し それ相応の金品を支払う。

②誰もその不動産へは住まずに売却をし
 その売却金額を相続人で当分受けとる。

主にこの二つの選択肢になると思います。

しかしながら このどちらになっても
シビアな判断を迫られる事になります

まず①を選択し そこに今後住まう者が
他の相続人に支払うほどの資産を持っていれば、
良いのですが かなりの高額になるため
一括ですぐに即金に支払うのも難しいかもしれません。

また その不動産に住みたいという者が、
複数人いた場合も 遺言書がなければ、
当人同士で相談をする必要があり
正解のない問題を解決するため苦労する
場合もあります。

では②を選択をすればすんなり行くのか?
と思いますが そんなに簡単にはいきません。
前述したとおり、故人の遺品も残っていますし
親戚の中には売却に反対するものは
必ずと言っていいほど出てきます。
思い入れというプライスレスな価値
持ってしまっている以上、
お金に変えて分ける選択肢を
拒む人の気持ちが強く出るのです。

売却には全員の意見の一致が必要ですし、
自宅内の家財の片づけなどをどうするか
売却までの維持管理は誰がするのか
売却額はいくらくらいが妥当で
どこの不動産に頼むかなど
もめる要素は満載でございます。

このように、不動産問題は
とても難しく 
全員満足の結果が得られることの
方が少ないのではないでしょうか?

それでは私のケースを話しますと
二回ほど不動産に関しての事案があり

一回目は実母の死去後
母が生前立てた不動産が残りました
兄弟は三人 
私は社会人で既婚
弟は社会人で独身
妹は学生で独身

の状態でした。
このパターンだと一軒家なので
既婚の私が住む事が妥当だと
兄弟で話合い(近所付き合いなども
考えると独身や未成年では難しい事もあるため)
私が自宅を相続し のちに兄弟二人には、
固定資産税から算出した当時の不動産の価値から
三等分した分を支払いました。

あまりもめずに済んだのは、私と嫁が
中心となって全ての諸手続きを行った事が
大きかったと思います。
葬式や相続 その他の手続き全般を私が
行う代わりに、不動産に誰が住む住まないの
選択権は譲ってくれた形となりました。

二回目は叔父と祖母が同居していた
不動産の処分です。
叔父が他界した後、残された祖母
(離婚していたため独り)
がその不動産に住む予定でしたが、
軽度の認知症もあり、独りでの生活は
困難と判断し、祖母は老人ホームへ
不動産は 私が家財を片づけ
不動産屋さんに売却をしました。
このケースだと 
「せっかく息子が
立てた不動産を
売却するなんて酷い!」
などの意見が親戚で多くでて
私も強くバッシングされました。
ただその親戚は特に知識もなく
協力もしてくれない方がほとんどでした。
そのため 反対意見はありましたが、
不動産は売却する事にしました。
(当時 空き家に長期間しておくと放火を
されたりするとの話もありました。)

このように、それぞれのケースによって
さまざまな形があるのが不動産の相続
だといえます。

なので 財産としての不動産は、
残す側がしっかりとその後の管理者を
(住まう者)を指定したり、
可能であれば元気なうちに売却をして
現金化し 賃貸や高齢者が住まうアパートに
移動するのも良い案の一つだと感じています。

折角立てた不動産で
残された家族が争うのは
悲しいものです。

私もこの経験から、
今住んでいる不動産は
私が元気なうちには売却する事を
すでに検討しています。
(子供がまだ小さいので社会人に
なる頃をめどに)

今回は以上です
ではまた

宜しければ
感想などコメント欄に
一言いただけると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました