16ページ目 健康=資産という考えを持つ

あなたは「資産」というと
最初に何を思い浮かべますか?

主な物だと 預金 車 不動産などを
あげる人が多いのではないでしょうか?

そして その物を手に入れる為に
毎日 なんらかの仕事をして
朝から晩まで一生懸命働いてますよね?

ただ 上に挙げたものよりも
もっとずっと大切なものに
「健康」があるのではないでしょうか?

よく「時間はお金で買えないから大切」
などと言われていますが
健康も 時間ほどではないにしても
お金で簡単に手に入れる事が出来ないものの
1つであると思います。
(特に健康を害してしまってからでは
いくらお金をかけても遅い場合があります。)

すなわち 健康=資産
考えても良いのではないでしょうか?

私は 以前勤めていた仕事で
ある方(Aさん)に出会ってから
今まで持っていた健康に対するイメージが
180度ガラッと変わってしまった経験をしました。

私は以前勤めていた会社で バスの配車をする仕事を
していました。
配車係の役割としては簡単に言いますと
沢山あるバスを適材適所に移動をしてもらったり
その間隔や時間の調整 トラブルに対しての対応
などが主な仕事です

そこで私の配車で走ってくれた方(Aさん)のお話です

非常勤で入社されたAさんは 私の会社では最年長で
歳は60代後半くらいだったと思います
Aさんは 前職で某有名航空会社の重役まで勤め上げた方で、
定年後に私の会社に入社されました

身なりはいつもキレイにされていて
背筋は真っ直ぐと伸び 
髪の毛はいつもオールバックでセットされていて
芸能人で言うと「草刈正雄」さんのような雰囲気でした
言葉遣いも丁寧で ユニークな冗談をよく言って
周りを笑わせてくれる方でした)

Aさんは会社を定年退職してからお金も不自由がなかったため
在職中にできなかった趣味や 友人との旅行
家族との時間を沢山とりのんびり過ごしていたそうです

数年が経ち 同じ会社で定年退職した友人が
次々に病気になり 寝たきりになったり
早くに亡くなる方もいたそうです

仕事をせずに毎日好きな事をして過ごすというのは
何かに縛られずに 傍から見たら 
とても理想的で憧れの生活のように思えます

しかしながら 誰かに必要とされ
やらなければならない事が無い状態は
日々の緊張感も薄れ 自分に甘くなってしまう
のかもしれません

そのため 気を付けていないと
どんどんと体を悪くしてしまう
人が多いようです

Aさんは 何かしなければという事で
運転の仕事を選択し持前の明るさと
人生経験豊富で沢山の知識を活かして
運転手として接客をして沢山のお客様を
喜ばせてくれました
(私のバス会社は運転手が接客も兼ねており
積極的にお客様と接する仕事の為)

私はその話を聞いて衝撃を受けました

老後にのんびりするために一生懸命働いて
蓄えを作ってきたは良いものの
仕事を引退してしまった後
健康という資産は急激に失われてしまった
という事なのです

健康という 数値的に判断しずらい
資産を大切にし 維持する事で
日々を生き生きと末永く生活できるのでは
ないでしょうか?

今回は以上です
ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました