19ページ目 老人ホームから「入浴拒否」について連絡がきた話

私の祖母は有料老人ホームに入所しました。

最初は3泊4日の体験入所を経て
正式に契約をして入所となりました。

その入所初期に起きたトラブルについて
今回書いて行きたいと思います

祖母は入所当時に軽度の認知症を患っていました。
軽度とはどの程度かと言いますと
・自宅の冷蔵庫の賞味期限などが管理できない
・たまに自宅に行くと掃除などをしていない
 (本人は毎日しているという)
・お金の管理などができない
 (どこにどのくらいあるかなど
  わからなくなる)
・着替えない
 (おそらく着替えた事を忘れてしまっているため)
のような感じです

私や私の嫁の事はわかりますし、
直近で話したことなどは理解できます
会話としても問題なく
コミュニケーションを取る事ができます
そして このくらいの軽度の認知症は
近い身内以外の方(近所の方や初対面の方)は
とても気づきにくいことが特徴だと思います

軽度の認知症の症状がある事は、ホームの方に
事前に説明していました。
そして 一か月後のケアマネさんとの面談で
生活についての問題点を二つほど指摘がありました

まず一つ目は
「入浴を拒否する」
です

予想はしていたのですが、施設の方も誘導をしてくださるし
自宅とは違って、温泉など外のお風呂に来た気分で
快く入ってくれることを期待していましたがダメでした。
なんと 体験入所の3泊4日の間に一回入ったのみで
ほぼ一か月間全く入ってくれないとのことでした。
(施設では、週に二回の入浴ができるようになっています)

通常 体調不良などで入浴を見送ることはあっても
一か月も全く入らない事はほとんどないそうです。
もちろん 施設の介護士さんが 何度も声かけをしてくれたそう
ですが 全く動じず しつこくすると暴力をふるってくるとの
事でした
(祖母は女性とは思えないほど力が強かったのです)

私からも声かけはしましたが
拒否するときもあれば
いつも入っていると訴える事もありました

次に二つ目は
「着替えない」
です

これも入浴拒否に似ていますが、
とにかく着替えを嫌がったそうです
人に何かされることがまず嫌だったのも
ありますが
(通常生活していて誰かに着替えましょう
などと言われることはないので)
着替えについても
前回いつ着替えたかどうかを忘れてしまう為に
介護士さんが声をかけても毎回 拒否するとのことでした。
この着替えも 入浴と同じように
一か月全く着替えてくれなかったそうです
同じく私が声をかけても全く応じる事も
ありませんでした。

結局 拒否はその後も続きましたが
本人が気に入った洋服を選んでもらったり
パジャマに着替える習慣を提案したりと
あの手この手で最終的には
心を許して入ってくれるようになりました

このように たとえ老人ホームであっても
どんな利用者さんの問題も全て解決できるわけでは
ありません

施設の利用料金を納めても対応できない事もあります

あなたの家族がもし同じ状況だとしたら
どう対応しますか?

これから先 ずっと入浴もしないし
着替えもしなければ 臭いもひどくなり
他の利用者さんからもクレームが来ます
最悪の場合は 退所しなくていけなかもしれません

老人ホームは入居した際に
必ず緊急連絡先を伝える事になります
そして事あるごとに連絡が来るようになっています

入所し生活していればさまざまな事があります
施設側で全て対応できない場合もあります
(その旨は入所案内の約款に必ず書かれているはずです)

怪我をしたり
具合が悪くなったり
本人からの訴えがあったり
他の利用者さんとトラブルをしたり
さまざまです

老人ホームは共同生活の場であり
お世話をしてくださる方はプロです

ただ 最終的な責任や判断は
身元引受の代表の方となります
(このブログを読んでいただいている方の
多くは対象になるかもしれません)

だからこそ 正しい知識や方法を
事前に学んでおく必要がありますし
多くのケースを知っていれば
その対応に慌てる事も少なくなるはずです

私のブログではこのような
ケースとその対応を
今後も出来るだけ多く載せていく
予定です
正解は一つではないですが
必ず参考にはなるはずです

お役に立てるブログを目指して
頑張って書いて行きますので
是非 御覧になってください

コメント欄も設けていますので
書いていただけたら嬉しいです

今回は以上です
ではまた 

コメント

タイトルとURLをコピーしました