23ページ目 介護士さんのファインプレーで入浴拒否を克服した話

認知症の症状やその進行のスピードは
人それぞれであり多種多様だと
言われています

また その日の気分や体調 
天気や気温などの陽気によっても
影響を受ける事もあるようです

私の祖母は 認知症を患い
私はその初期の段階から
徐々に介護度が上がり
(祖母の場合 体の身体機能には特に問題がなく
単純に認知症の進行による事で介護度が進んでいきました)
最後に老衰で亡くなるまでの間
ずっと寄り添ってきました

今回は その初期の段階での
印象的なエピソードを紹介します

ちなみに 私は祖母を親しみを込めて
「キヨピ」と呼んでいたので
ここでも同じ様に相性で呼ばせてください

身元引受人となる私の自宅近くに
老人ホームがあり
キヨピは 紆余曲折あり入所する事になりました

入所当初は 拒否が強く
慣れない環境への適応がうまく出来ずに
毎日 ホームの方と私で
どうすればよいのかを模索する日々が続きました

しかし数日が経つと 環境にも少しずつ慣れてきて
ホームの生活になじんできました。

老人ホームと言ってもさまざまですが
共通して言えることは
「集団生活」の中に入るということ
個室の自分の部屋はあるものの
食事や入浴 レクレーションなどは
施設の方や入居者と関わる事が多くなりますので
今まで独りで生活してきた方にとっては
その変化に戸惑う事もあるのは無理もない事です

キヨピは 老人ホームに入居する前は
離婚をしていて 一軒家に息子(私の叔父)と
二人暮らしでした
叔父は仕事で忙しく キヨピはほとんど
独りで毎日を過ごしていたのでその変化は
とても大きなものだったと思います

ホームの生活に馴染んできてくれて
私もホッとしていたのですが
1つだけ絶対に譲らないことがありました

それは「入浴」です

認知症の方によくみられる症状のようで
まず着替えをする事を嫌がるようになり
それと同時に 入浴も拒否するようになります
キヨピの場合は 自分で何でも決めてきた人なので
誰かに言われて着替えたり、お風呂に入ったり
する事が自体が 嫌だったようでした。
それに加えて 前回いつ着替えたから入浴したか
など忘れてしまうので余計に拒否が酷くなって
しまうのです

そんな中 あるスーパー介護士さんファインプレーで
入浴をしてくれました!

その介護士さんはキヨピの性格を理解して
「本人が入りたいと言う状況を作ってはどうか?」
という提案をしてくれました

つまり 
どこかに出かける
  ↓
帰宅して体が汚れる
  ↓
汗もかいたし入浴したいと本人が思う
  ↓
そのタイミングで声掛けを行うというものです

実際にそれを試してみました
私とキヨピが病院の検診に出かけて診察を受け
戻り時間をホームに伝え そのタイミングで
入浴の準備をしておいてもらいました

ホームに戻ると少し汗をかいたキヨピに
その介護士さんが
「足湯どうですか?」
と聞いたのです

最初から入浴というハードルは高い為
足湯を提案してから誘導すると考えたようです

キヨピは足湯を快く受け入れ
用意してもらった桶に足をいれて
気持ちよさそうです

そして その介護士さんと少し雑談を
していたと思ったら
なんとお風呂に入ると本人から了承したそうです

私もビックリしました
2か月も拒否していたキヨピが
入浴してくれました!
さっぱりしてして出てきて
髪の毛も洗ってもらったようで
とても別人のようでした

今回の件で 介護士さんは
その身体介護などの技術だけにとどまらず
さまざまな利用者さんを介護する上で蓄積された
経験を活かして日々 仕事されているのだなと
感動しました
私自身もキヨピの事を理解するために
実際に介護の資格を取得しましたが
経験の私にはそんな発想は当然思い浮かびませんでした

現在すでに自宅で介護をされている方
また今後 その可能性がある方も
この記事を読まれているかと
思います

介護をしていてとてもつらくなった時は
プロの方へ相談するのはとても有効な事だと
思います
独りで悩まずに思い切って相談する事で
楽になる事もあるはずです

今後も 皆さんのお役に立てるように
記事を書きますので良かったら読んでいってください

またコメント欄もありますので
何か書いていただけると嬉しいです

今回は以上です
ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました