25ページ目 老人ホームでキヨピ(祖母)が目の色を変えて喜んだ事とは

あなたは 老人ホームに何を求めますか?

・生涯の安らげる場所
・ゆったりと安全に過ごせる所
・良質で栄養バランスの良い食事
・他の入居者さんとのコミュニケーション

と言ったところでしょうか?

施設の方も そのような事を
追求し 末永く安心して余生を過ごせる
努力と工夫を日々されている事と
思います

私の祖母(愛称はキヨピと言います)は、
認知症を患い、老人ホームに入りました

入所当初は拒否がとても酷く
元々 独りで何でもできてしまった器用な
人だったので、集団生活に対する違和感や
食事や入浴など決められた時間やルールに
馴染む事に時間がかかってしまっていたようです。

私は、一日でも早く 施設に馴染んでもらう為に
あれやこれやといろいろと頭の中で考えを巡らせ、
思いつくままにやってみる事にしました。

まず最初に、部屋にはテレビがなかった為
家電量販店で購入して設置したり
寝る前のラジオも習慣にしていたため
操作が簡単なラジオをプレゼントしました

それから 殺風景な部屋だったので、
厚手のマットや私自身 写真を撮るのが趣味だったので
キレイに取れた写真を大きく引き伸ばして飾りました
(千葉県のマザー牧場の菜の花と桜の写真)

極めつけは、施設の部屋に小型の仏壇を置いた事です
キヨピの二人の子供(私から見て母と叔父)は
二人とも50代という若さでで他界してしまいました
そのため、仏壇などは、私の自宅にあるのですが、
頻繁に我が家と老人ホームを行き来することは難しいので
仏具屋さんに相談をして 簡易の仏壇を用意しました
(現代ではとても小型の仏壇も沢山出回っています)
ろうそくは電池式の物を購入し(ホームでは火気厳禁なので)
お供え物とお茶・お水を毎日自分で取りかえが出来るように
しました。
キヨピも喜んでくれて、毎日お鈴を鳴らしお茶を変え
手を合わせたり ホームでキヨピが作った手作りの物などを
飾ったりしていました。

その後も いろいろと快適に楽しく過ごせる事を考えて
物を用意したりしました

ただ、本人が一番喜んでいたのは
そんな物ではありませんでした

面会に行っても 認知症の症状もあると思いますが、
「死にたい 死にたい」とネガティブな話題になってしまったり
そうかと思ったら とても怒ったりするときも多く
(施設から出て帰ると話す事も多々ありました)
精神的に安定しない日々が続きました

それが ある日を境にその雰囲気が一変しました

それが何かと言うと
「老人ホームでのおしぼりたたみの手伝い」
だったのです

ある日キヨピが ホームのみんなが集まる共有スペースで
いつものように つまらなそうにテレビを観ていると、
介護士さんから
「一緒にやってみませんか?」
と声をかけられたそうです

キヨピは夢中になって
コロコロとおしぼりとたたみ続けて
いつしかそれが日課になっていきました

おそらく施設でのキヨピは
何でもかんでも介護士の方にやってもらえるよりも
ごく小さな事でも誰かの役に立っていると
自身で感じられる事が一番の
喜びだったのではないでしょうか?

これは自分自身にも言える事だと感じました
仕事に出て、そこで貢献する事でお給料を戴き、
家族を養っている。
今はお嫁もパートに出てくれていますが、
自分自身がしっかりと働かないとという使命感や
社会貢献をしていると実感する事が
日々の原動力になっています

もし仮に、「明日から仕事にいかなくていい
何もしなくていいから家にいて好きな事だけ
していていいよ」と言われたらどうでしょうか?

最初の一週間や一か月は楽しいと思います
読みたかった本や映画を観たり、
友人と遊んだり、旅行に行ったり
毎日寝たいだけ寝て好きな時間に起きたり・・・

ただ、それがずっと続くと思うと
想像しただけでぞっとします

人は誰かの役に立っている事で
自分を肯定できる生き物なのかもしれません

それは自分の事が全て自分でできなくなって
しまってからも変わらないんだと思います

いくつになっても誰かにとって
必要な存在でいたい
そんな気持ちを尊重してくれた
老人ホームの方へはとても感謝しています

あなたにも 同じ様な経験がきっと
あるのではないでしょうか?

人生の終末をどこで誰と過ごせるのか
そして どのようにして
誰かの役に立てるのか?
日々考える毎日です

今回は以上です
ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました