9ページ目 同じ釜の飯を食べていたのは大昔の話

よく
「我が家には 財産なんかないから
お金でもめる事なんてありえないよ!」

とか
「うちは仲が良いから大丈夫」
などと考えている方が多いように思います。
(実際に私が矢面に立ってやっているときに
そのような事を私に話す知人も多くいました。)

実際に経験した事のないことを想像する
というのはそれだけ難しい事なんだと思います。

ただ これだけは言えるのは
「相続はいつ開始になるかは
誰にもわからない」

事です。

それは あなたがマイホームを購入した直後かもしれません
それは 病気をして体が不自由な時かもしれません
それは マイカーを新車で購入したのはいいが  
    仕事がうまくいかず失業してしまい
    ローンだけが残っているタイミングかもしれません

いつかわからないという事は、
それに対して常に備えて待っていることは難しいし、

遺産分割協議
(財産を受け取る割合を相談すること)
に参加する人全員が、
ある一人親戚の死去に備えて準備する事などは
実際には難しいと思います。
もし 準備を出来るとすれば、 
一緒に同居している人や身の回りの世話を
している人のみではないでしょうか?

皆 それぞれに自分の人生に忙しく
毎日暇でボランティア精神がある人などは
なかなかいません。

タイトルにも付けましたように
ごく近い家族で、
子供の頃に一緒に食卓を囲んで
毎日の夕食をともにした家族だって、
一度 大人になって離れて暮らしたり
別世帯を持てば どんどんと
その同じ感覚は薄れてしまいます。

利害関係があれば頻繁にある親戚も
いるかもしれないけれど、そうでもなければ
もう そういった冠婚葬祭以外は
他人に近い状況になるのが
普通だと思います。

お金の感覚もずれてくるし
それぞれに必要なお金の額も全く違う。

私のケースで言えば、
私は長男で所帯を持っていて四人家族
子供も小さく これからお金がかかる
弟は一人者で結婚する予定がないので、
自分が食べていける金額だけあれば十分という考え
妹は 結婚をしていてパートをしている
配偶者(夫)が主たる収入源なので 
生活に必要なお金が早急に必要な状況ではない
などです。
(必要なお金の額もバラバラ)

このように環境が変わった親戚が
相続という一つの事柄で再び集結します。

そこで話をうまくまとめ
今後も良い親戚関係を継続するには
正論や一般論だけではなく
ある程度リスク覚悟で
誰かひとりをキーマンとし
その人の技術と知識を使い解決していくことが
近道ではないでしょうか?

誰だって得したい
誰だって面倒な事はしたくない
と思います。

それまとめる人は
かなり精神を消耗するだろうし
犠牲を払う事が予想されます。

このブログでは
手続きの方法よりも
考え方や不測の事態があった時に
どう冷静に行動すべきかを
自分の経験や、このブログに訪問してくれる方の
ケースなどを参考にして
円滑に進められる事を目指しています。

内容はザックリと読み飛ばして
もらったとしても
頭の片隅に残っていれば
同じ場面に直面したときに
役に立つのではないかと
思っています。

なので 皆さんのコメントなども
沢山いただけると嬉しいですし
まだ誕生したばかりの
サイトが日々成長していければ
嬉しい限りです。

今回は以上です
ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました