13ページ目 現実に目を背けず「自分だけは大丈夫」という考えは捨てよう

いつまでも若くいたいというのは
誰でも願う事ですよね?

アンチエイジングが進化してきている現代では
平均寿命もどんどんと延びてきて
人生100年時代などと言われています

しかしながら 人生最後の日まで
誰の手助けも借りずに元気で過ごす事が出来れば
それに越したことはないのですが
「そうは問屋が卸さない」のが現実ですよね?

持病が悪化して入院生活になってしまったり
不慮の事故ケガをして
自立した生活が難しくなったり
まだ若いのに認知症が発症したりと
「人生はいろいろ」 予測などできません

私自身 認知症を患った祖母を介護
していた時期がありましたが
それでも
自分が同じような認知症になったらと
思う事はなかなか難しいです

既婚されている方であれば
配偶者とそのご両親であったり
独身の方であっても他人事ではなくて
ご両親の介護の問題が
発生する確立が0ではありません

そして その時はいつかではなく
結構近い将来だったりするのです

また 働き盛りで残業する毎日だったり
子育て真っ最中や、失業してしまったなど
こちらの体制が整っているかどうかなど
関係なしに 突然やってくるのです!

連絡のないのが元気な証拠と
よく昔 行ったものですが
その通りで突然連絡が来たら
すでにもう困難な状態だったということは
よく話を聞きます。

現代では 生涯独身でいる方の比率も
高くなってきており
中には子供を産み育てるどころか
自分の生活すらままならない人が
多いのが実情です
超少子高齢化で若者は減り
高齢者比率が増加してきています

つまり 自分の身内以外の高齢者も
これからの人が支える事になるのです

それなのに 私の周りだけでしょうか?
なんとなく「介護なんて他人事」であって
うちは大丈夫と根拠もなく思っている人が
多く感じます。

そういった方に限って、介護保険やその他の
知識は皆無に等しいくらいないのです
これはとても怖い事です

なんとなく
「自分は誰にも迷惑かけずに一生を終えることが出来る」
と思っているのです

でも逆にこういう考え方をしてみてはどうでしょうか?
自立したまま一生を終えたいが、介護が必要になる可能性も
充分にある その時の為の備えをしよう!
そして 備えのはじめの一歩は「正しい知識」を付ける事だと

こう思えば建設的な考え方ですし
介護が必要な日を一日でも遅くしたいと
考える事も出来るのではないでしょうか?

私が祖母を介護していた時 口癖のように
言っていた言葉があります
「私は誰にも迷惑をかけずに生きてきた
労災病院の先生に毎日歩くようにと言われて
そうしてきた だからこれからも大丈夫」

これは 認知症だけで介護度3を超えて
私に言った言葉です

どんな状態になっても 
そんなつもりはなくても
自分自身は自立していると思いたい
今 老人ホームに住んでいたり
誰かの世話になっている事は不本意なんだ
と言っているのです

自立できずに ましてや
自分の孫に介護されたり面倒を見てもらうなど
絶対に嫌だし信じたくもない

と言うのが本音だと思います

介護する・介護されるは当たり前の事
ただ それをどう備えるかはさまざまな方法が
あります 選択手段も知らなければ
最良の対策が取れるはずがありません

このサイトでは
そのような知識を数多く発信していきます
皆様もこの機会に一緒に勉強してみませんか?

今回は以上です
ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました