15ページ目 末期がんの叔父が緩和ケア病棟へ  そこで唯一拒否した事とは 

私の叔父さんは とても優秀なビジネスマンでした。
幼少期に家が貧しくて キチンとした教育を受けることが
出来なかったようですが 地元の信用金庫に
就職後 大手IT企業にトップハンティングされて
亡くなる少し前は 秘書さんがつくほど
忙しい人でした。

そのため 健康には人一倍気をつけていたようで
少しでも不調があるとすぐに病院に行っていたそうです

初めてがんが見つかったのも 
少し耳の聞こえが悪いという事で行った病院で
偶然見つかって 初期の段階で手術をしました
手術は成功と思われましたが
その後の通院で、取り残しがある事が判明して
がんの場所も 外耳道(耳の中の鼓膜よりも外の部分)
にあり 手術は難しい事が判明し 
余命宣告を受けました
(もって数か月くらいという事でした)
ちょうどそのころ私の母もまだ生きており
看護師だった事もあり 知り合いの紹介で
緩和ケアセンターに入所する事ができました

緩和ケアについて ご存知ない方へ簡単に説明をしますと
がんなど 根治(完全に病気を治す事)する事が難しい
病に対して 治療を施すのではなく
本人の痛みや苦痛などを取り除く事を目的としたケアの
事です(以前はターミナルケアと呼ばれていたこともあります)

緩和ケアの病室は ベットこそ 医療用の物を使用していますが
それ以外は 普通のホテルのような雰囲気で落ち着いて過ごすことが
できます

私はそこへ叔父さんの入所の手続きから
亡くなるまでのお世話しました

会社とのやり取りのお手伝いや
家の物の整理や資産に関しての引き継ぎ
(株式投資など資産運用をしていたため)
近親者や祖母(叔父さんがいなくなると
独居になってしまうため)の事など
いろいろとやる事は山積みでした

叔父さんからしたら私なんかの
ヒヨッコに身の回りの世話をしてもらう
事自体 不本意だったと思います

結局 入院病棟から緩和ケアに移って
1か月くらいで 亡くなってしまったのですが
私にとってはとても濃密な時間でした

最初のうちは 聞き取りずらかったけど会話ができて
少しずつできなくなって 元気な時間が減ってきて
ついに話が出来なくなってしまってからも
携帯のメールでやり取りができてました
そのメールもどんどんできなくなり
最後は内容も支離滅裂になってしまっていました

私は 叔父さんが生きているうちにやりたい事
会いたい人などいれば すぐにでも来てもらった方がいい
とずっと思っていました
でも 叔父さんはそれをかたくなに拒否しました
結局 入院病棟、緩和ケアに来られた友人 知人の方は
1人もいませんでした
(連絡する事を本人が強く拒否したのです)
亡くなった後に 叔父さんの携帯電話の着信履歴などから
私が連絡をして通夜や告別式には参列してもらいました

末期がんになり 以前のように回復する見込みがない
変わり果てた自分の姿を見せたくない
病棟に来てもらったってなにもできない

そんな気持ちだったのかもしれません
私が仮に同じ状況になったとしたら
叔父さんと同じ様に面会など
来てもらわずに死にたいと思うかもしれません

これを読んでくださっている方は
同じように介護をなさっていたり
闘病の付き添いをされている方もいるかも
しれません
今はしていなくても 今後
そういった経験をされる事があるかもしれません

その時 その人にとって良い事を常に考えて
やってあげるのもやさしさですが
私個人としては 黒子のように 
相手に気を遣わせずに 最低限の本人の希望を
答える事が 良いのではないかと思っています

今回は以上です
ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました